ニュース 触覚センサー(ショッカクキューブ、ショッカクチップ)のタッチエンス

ニュース一覧

タッチエンス株式会社、香川大学とライセンス契約を締結 第三の触覚センサの開発をスタート

触覚センサの開発・製造・販売を行うタッチエンス株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:尾方 謙一、以下 当社)は、国立大学法人香川大学と高尾研究室のMEMS触覚センサおよび手触り感の評価方法に関する技術について、ライセンス契約を締結し、新たな触覚センサの開発をスタートすることを発表いたします。

■ライセンス契約の背景
当社は、2011年に産学官連携のスキームによって誕生し、研究開発段階である触覚センサの量産化を目指して活動している開発型ベンチャー企業であり、すでに第一の触覚センサであるセンサ自体が柔軟に変形する世界初の柔軟触覚センサ技術の製品化・量産化に成功しています。これに続き、2018年にはDEFTA Healthcare Technologies, L.P.(活動拠点:米国・イスラエル・日本・香港等/代表:原 丈人)等を引受先とした第三者割当増資による資金調達で、第二の触覚センサとなる東京大学 下山研究室のMEMS触覚センサ技術に基づく世界最小の多軸触覚センサの量産化に向けた開発を実行しています。今回、触覚センサ市場をリードしている当社の大学発技術の製品化、ビジネス化の実績・ノウハウを評価する香川大学と、香川大学 高尾研究室の持つ手触り感の計測に特化したMEMS触覚センサ技術を評価する当社の思惑が一致したことでライセンス契約が締結されました。本技術は高尾研究室を中心に推進されている、科学技術振興機構(JST)のCRESTプロジェクトから創出された研究成果を用いています。人間の指先の手触り感検知能力を上回る新しいMEMS触覚センサデバイスを小型・低コストで実現することで、ロボット・美容・ヘルスケア分野での新たな触覚センサ市場の創造を目指します。

■今後の事業展開について
柔軟触覚センサ「ショッカクキューブ」、世界最小の多軸触覚センサ「ショッカクチップ」に加えて、この手触り感計測の触覚センサ「ショッカクプローブ」の共同開発パートナー企業を探索し、2年後に市場投入することを予定しております。これらのセンサによって、新しいユーザーインターフェース、より高機能化されたロボットハンド、小型高性能化された美容・ヘルスケアデバイス、医療器具のインテリジェント化といった製品の実現に貢献することで、2025年に100億円の売上を目指しています。

■会社概要
会社名:タッチエンス株式会社
代表者:代表取締役社長 尾方 謙一
設立:2011年
4月資本金:127,987,500円(増資後)
事業内容:触覚センサの開発、製造、および販売
所在地:東京都台東区北上野2-21-10
TEL:03-3847-9551
FAX:03-3847-9552
URL:http://www.touchence.jp

■DEFTA Healthcare Technologies, L.P.
活動拠点:米国・イスラエル・日本・香港等(事業開発地域:米国、イスラエル、日本)
事業開発分野: 先端医療・再生医療、次世代医療機器、ヘルスケア
IoT・ICTURL: http://deftapartners.com/ (DEFTA Partners)

■本件に関するお問合せ先
タッチエンス株式会社担当者:丸山 尚哉
TEL:03-3847-9551
FAX:03-3847-9552
E-mail:maruyama@touchence.jp

拝啓 時下ますますご清栄の御事とお慶び申し上げます。

平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、この度、当社は事業発展を目的に、下記の通り増資を実施致しましたので

お知らせいたします。

社員一同 さらに一層精励し 皆様のご期待に沿う所存です。

皆様には今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

                                                                 敬具

                                           記

                          増資額                37,987,500円

                          増資後の資本金    127,987,500円

                          増資実行日        2019年8月30日

                                                                                       以上

 

****************************************************************

タッチエンス株式会社

丸山 尚哉

東京都台東区北上野2-21-10

TEL:03-3847-9551

http://www.touchence.jp/

 

Touchence Inc.

Naoya Maruyama

http://www.touchence.jp/en/

****************************************************************

夏季休業のお知らせ 平素は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。

弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが、

ご了承くださいます様お願い申し上げます。

夏季休業:8月10日(土)~15日(水)

営業開始日:8月16日(金)

なお、お問い合わせは休業中も受け付けております。休業中に頂いたお問い合わせへの回答に関しては、

通常営業日より順次ご対応させていただきます。あらかじめご了承ください。

香港で発行されている日刊英字新聞、South China Morning Postに佐竹グループの紹介記事が掲載されました。
紹介記事

年末年始の営業のお知らせです。
平素は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございます。
当社では、以下の日程を年末年始休業とさせていただきます。

休業日:2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)

営業開始日:2019年1月7日(月)

なお、お問い合わせは休業中も受け付けております。
休業中に頂いたお問い合わせへの回答に関しては、通常営業日より順次対応させていただきます。
あらかじめご了承ください。

資金調達(第三者割当増資のお知らせ)

MEMS触覚センサの量産化に向けた開発をスタート 

触覚センサの開発・製造・販売を行うタッチエンス株式会社(所在地:東京都台東区、代表取締役社長:尾方 謙一、以下 当社)は、DEFTA Healthcare Technologies, L.P.(活動拠点:米国・イスラエル・日本・香港等/代表:原丈人、以下DHCT)等を引受先とした第三者割当増資を実施し、1億1千万円の資金調達を行いました。また、MEMS産業界の有力者を社外取締役に迎え(1)、MEMS触覚センサの本格的な量産に向けた開発をスタートすることを発表いたします。

■資金調達の背景
当社は、2011年に産学官連携のスキームによって誕生し、研究開発段階である触覚センサの量産化を目指して活動している開発型ベンチャー企業であり、すでにセンサ自体が柔軟に変形する世界初の柔軟触覚センサ技術の製品化・量産化に成功しています。

これに続き、東京大学 下山研究室のMEMS触覚センサ技術に基づく世界最小の多軸触覚センサの開発の加速、製品化・量産化に向けたリソース確保と経営陣の強化を目的として、今回の資金調達を実行しました。

主な引受先であるDHCTは、外形的には投資事業組合の形態をとっていますが、事業開発会社であり出資先の技術イノベーションを促進します。DHCTの基本理念は以下の通りです。

【人類にとって必要となる革新的技術を開発する企業に資金を投じ、新産業を創生する。

革新的医学の事業化を行い、天寿を全うする直前まで健康であることを実現する。】

DHCTの資本参加により、研究・開発段階である触覚センサの汎用化を実現することで、ヘルスケア分野を含む新しい触覚センサ市場の創造を目指します。

■今後の事業展開について
世界最小の多軸触覚センサ「ショッカクチップ」の6軸化と小型パッケージ化の開発を2年で完了させ、2020年に量産価格で市場投入することを予定しております。

このセンサによって、より高機能化されたロボットハンド、医療器具のインテリジェント化、小型ウェアラブル機器、新しいユーザーインターフェースといった製品の実現に貢献することで、2025年に100億円の売上を目指しています。
また、原丈人氏(注2)が提唱する「会社は社会の公器である」とする公益資本主義の考えに基づき、社中(社員・顧客・仕入先・地域社会・地球・株主などの、事業活動における全ての関係者)全体に貢献し、常に企業家精神を持って、中長期的な視点から企業経営を行ってまいります。

■ DEFTA Healthcare Technologies,L.P.

活動拠点: 米国・イスラエル・日本・香港等(事業開発地域:米国、イスラエル、日本)

事業開発分野: 先端医療・再生医療、次世代医療機器、ヘルスケア IoT・ICT

URL: http://deftapartners.com/( DEFTA Partners)

 

(注1) 住友精密工業株式会社 元代表取締役社長 神永 晉氏(現在は、SKグローバルアドバイザーズ株式会社代表取締役):MEMS産業に関わること30年、業界標準となったMEMS微細加工技術の開発・事業化をはじめとして、MEMSデバイス、センサ・ネットワーク等の開発・事業化を推進。産学連携、海外企業・研究機関との協業、M&A等の経験も豊富。MEMSを要のひとつとして具現化したIoTの世界に深く関わり、国際的にも活動範囲広く、中長期視点の研究開発・事業化の重要性を各方面で発信している。

(注2)原 丈人(はら じょうじ)

内閣府参与、デフタ パートナーズ グループ会長、アライアンス・フォーラム財団 代表理事

27歳まで中米考古学研究の後、渡米し在学中に起業。84年デフタ パートナーズを創業、米・英・イスラエルで情報通信、半導体、ライフサイエンス分野のスタートアップベンチャーに出資、経営参画し、世界的企業へと成長させた。近年は、「天寿を全うする直前まで健康であることを実現することができる世界最初の国を創る。」という理念を実現するために、DEFTA Healthcare Technologies, L.P.(事業開発会社)を設立し、単に出資するのではなく、「技術イノベーション」「制度イノベーション」「エコシステム」の構築に取り組み、革新的技術の事業化に取り組んでいる。一貫して株主資本主義に警鐘を鳴らし、公益資本主義の実現を提唱。

国連政府間機関特命全権大使、ザンビア大統領顧問、日本の財務省参与など国内外で公職を歴任。

著書に『増補 21世紀の国富論』(平凡社)、『公益資本主義』(文春新書)などがある。

 

(*) URL:http://www.skga.co.jp

ファスニングジャーナルに、MEMS Engineer Forumの出展記事が掲載されました。タッチエンス社のショッカクセンサーチップの出展及びプレゼンテーションをおこない、今後のセンサー分野での幅広い用途に対応可能な点をPR致しました。
紹介記事

タッチエンス社が出展致しました、テクノフロンティア2018内の「メカトロニクス技術展」の記事が、金属産業新聞社に掲載されました
紹介記事

タッチエンス社がMEMS Engineer Forum2018に出展致します。
皆様のご来場、お待ちしております。

展示会URL http://www.m-e-f.info
開催日 2018年4月25日(水)~26日(木) 
主催者 MEF実行委員
会場 KFCホール(東京、両国)
ブース番号 V-01

テクノフロンティア2018に出展いたします。

テクノフロンティア2018に出展致します。

展示会URL: https://www.jma.or.jp/tf/outline/index.html

 日時:2018年4月18日(水)~20日(金) 10:00~17:00 

主催:一般社団法人日本能率協会

会場:幕張メッセ

ブース位置:4F-30


下記実機を展示致しますので、皆様のご来場をお待ちしております。

・アンプ、キャリブレーション機能を搭載した超小型3軸触覚センサ

・業界最小超小型6軸触覚センサ

・柔軟触覚センサ

・静電容量式薄型圧力センサ

・異物感の無い触覚計測機

・-35℃対応のNDIRガスセンサ

・光学式小型火炎センサ


お問い合わせ先

email:info@touchence.jp

TEL:03-3847-9551

  

ページトップへ戻る
TEL:03-3847-9551
受付時間:9:00~17:00
触覚センサー製造のタッチエンス | お問い合わせ
会社情報
Facebook
twitter
表示推奨ブラウザ/OS ・Windows7,Vista,XP,2000 ・MicrosoftInternetExplorer8.0 ・MozillaFirefox3.6以上 ・文字サイズ(中)